松尾芭蕉 紀行文集 現代語訳つき朗読

こんにちは。左大臣光永です。本日は商品のご案内です。「松尾芭蕉 紀行文集 現代語訳つき朗読」CD-ROM版です。

▼音声が再生されます▼

松尾芭蕉の紀行文『野ざらし紀行』『鹿島紀行』『笈の小文』『更級紀行』そして近江滞在中のことを描いた『幻住庵記』、嵯峨の落柿舎の滞在記録『嵯峨日記』の、原文と、現代語訳、わかりやすい解説をセットにしたパソコン用CD-ROMです。

原文の朗読に加え、現代語訳でも朗読し、それらを文字起こししたテキストに地図も付属していますので、耳から聴くと同時に、目で見て、視覚的にもわかりやすいようになっています。

≫今すぐ申し込む

松尾芭蕉の作品といえば、

松尾芭蕉の作品といえば、『おくのほそ道』が有名ですが、『おくのほそ道』に先駆ける『野ざらし紀行』や『笈の小文』も、名句ぞろいです。

文章としては未整理で雑然としたところもあり、『おくのほそ道』ほど完成されてはいませんが、だからこそ、粗削りな、芭蕉の生の声が響いてくるのです。句の完成度では、むしろ『おくのほそ道』にまさっているとも言われています。

馬に寝て 残夢月遠し 茶の煙

芭蕉が東海道の難所・小夜の中山で詠んだ句です。馬に乗って、難所である小夜の中山を越えていたんです。そのうちにうっとりうっとり、馬の上で眠ってしまう。その夢がまだ続いてるような、まだ覚めやらない感じの中、はっと気づくと、遠くに有明の月が山の端に隠れようとしている。

家々からは朝の茶を焚く烟が立ち上っていた…「馬に寝て残夢月遠し茶の煙」いい雰囲気ですね!昔の旅人の気持ちが、ちょっとこういう句を読むと、伝わってくる感じがします。

蛸壺や 短き夢を 夏の月

芭蕉が明石の海で詠んだ句です。磯の所には蛸壺があって、中にたくさん蛸たちが眠っている。蛸たちは明日も知れない命なんですよ。明日はもう調理されて、お皿の上に並べられているかもしれないじゃないですか。しかし、そんなことは露知らず、蛸たちはのうのうと一夜のはかない夢を結んでいる…

しかし我々人間とて、その蛸たちと同じように、はかないものではないか?

蛸という題材で、人の命のはかなさ、空しさを詠んでいます。いい雰囲気じゃないですか。ざざーーと波の音まで聞こえてきそうな。

しかもこの句を詠んだ場所は明石。源平合戦の古戦場です。ここで多くの人が死んだんです。人の命のはかなさ、空しさを詠むのに、こんなにぴったりな舞台は無いですよね。

しかも直接ではなく、「蛸」という滅多に詠まれない題材で人の命のはかなさを詠んだ…芭蕉の着眼点の妙。ここに尽きるといった句です。

嵐山 藪の茂りや 風の筋

京都・嵯峨野で詠まれた句です。

嵐山藪の茂りや風の筋…嵯峨野嵐山には、美しい竹林がありますから、そこにひゅーーと風が吹いてきて、さわさわ…竹の葉がからみあって、ざわつく。それが、風の道筋。筋が出来ているようだと。

本来風の通り道はハッキリ目には見えないものですが、竹の葉がゆれることによって、風の筋が、ハッキリと、視覚的に、見えるという句です。「風の筋」という言葉が、イメージも響きも気持ちよく、印象に残る句です。

このように名句ぞろいであり、句を単体で切り出しても完成度が高く、また全体のストーリーの中に置かれているのを詠むのもまた、味わいがあります。

本製品は

本製品は松尾芭蕉の紀行文『野ざらし紀行』『鹿島紀行』『笈の小文』、滋賀県大津石山での滞在記『幻住庵の記』、京都嵐山の滞在記『嵯峨日記』のセットです。原文朗読と現代語訳朗読、解説音声、そしてそれらを文字起こししたテキストpdfからなります。

テキストpdfは地図をふんだんに使い、芭蕉が今、どこを歩いているのか?視覚的にわかりやすいようにしました。

野ざらし紀行

野ざらしを 心に風の しむ身かな

『野ざらし紀行』は、松尾芭蕉が門人千里とともに生れ故郷伊賀上野を中心に旅をした、その道中を描いた紀行文です。

貞享元年(1684年)、芭蕉は千里ともに住み慣れた深川の庵を後に、東海道を一路、西に向かいます。

行き倒れになって、道端に髑髏をさらすことになるかもしれない……悲痛な覚悟で旅立った芭蕉と千里でしたが、伊勢を経て故郷伊賀上野へ。大和、美濃大垣、名古屋を経て伊賀上野で年を越し、翌貞享2年(1685年)京都、熱田を経て木曽路を通って江戸にもどってくるまで。年をまたいで半年以上にわたる長旅の中、涙あり、ほのぼのあり。悲喜こもごも入りまじる中、多くの名句が生まれることになりました。

鹿島紀行

この秋かしまの山の月見んとおもひたつ事あり。

貞享4年(1687年)松尾芭蕉は「鹿島の山の月みんと」すみなれた深川の庵を出発。利根川を渡り鹿島根本寺を経て鹿島神宮に到ります。『野ざらし紀行』の旅の3年後、『おくのほそ道』の旅の2年前のことです。『鹿島紀行』はこの道中を描いた紀行文です。

筑波山の雄大なたたずまい、利根川の流れ、そして荘厳な鹿島神宮…漢文調のリズムのいい文体と数々の名句が旅の風情を描き出します。

笈の小文

旅人と わが名よばれん 初時雨

貞享4年(1687年)(『おくのほそ道』の旅の2年前)、芭蕉は深川を出発し、伊良湖崎、伊勢、故郷の伊賀上野を経て大和、吉野、須磨、明石へと旅をします。

『笈の小文』はこの旅のことを書いた紀行文です。未完成と思われる部分も多く荒削りな作品ですが、どのような過程を経て芭蕉が『おくのほそ道』へ至ったかを知る上で興味深い作品です。

特に最終章「須磨」は源平の古戦場跡を見渡す芭蕉の興奮が活き活きと描き出され、衣をはためかす潮風までも伝わってきそうです。

更級紀行

俤(おもかげ)や 姥(おば)ひとりなく 月の友

貞享5年(1688)8月、松尾芭蕉は『笈の小文』の旅の帰路、門人越智越人を伴い、中仙道を通って更科姨捨山の月を見、善光寺詣でをしてから江戸に戻りました。『更級紀行』はその道中を描いた紀行文です。木曽路の山道を象徴するような緊張感の高い名句の数々。短いながら味わい深い作品です。

この翌年、芭蕉は生涯最大の『おくのほそ道』の旅へと向かうこととなります。

幻住庵記

先づ頼む 椎の木も有り 夏木立

元禄3年(1690)年、『おくのほそ道』の旅を終えた芭蕉は、琵琶湖のほとり・大津義仲寺に滞在していましたが、同年7月、膳所藩士・菅沼曲水の招きで岩間山(いわまやま)山中の庵「幻住庵(げんじゅうあん)」を訪れ、四か月滞在しました。『幻住庵記』は、この幻住庵での生活を描いた作品です。『おくのほそ道』の長い旅を終えた後であり、張り詰めた緊張が解けて、ゆったり落ち着いた感じが出ています。琵琶湖から吹くさわやかな風が感じられる作品です。

嵯峨日記

嵐山 藪の茂りや 風の筋

元禄4年(1691年)初夏。芭蕉は京都嵯峨にある門人・向井去来の別荘「落柿舎」に17日間滞在しました。その時の記録が『嵯峨日記』です。嵐山の緑。大井川の流れ…嵯峨野の美しい景色が目に浮かびます。そして毎日のように遊びに来る門人たちとの、のんびりした交流のさま。『野ざらし紀行』や『おくのほそ道』の張り詰めた緊張感とは対極にある、ゆったり落ち着いた芭蕉の日常が、ほほえましいです。

松尾芭蕉 紀行文集 収録内容

『野ざらし紀行』
江戸・箱根
富士川
大井川・小夜の中山
伊勢神宮・西行谷
伊賀上野
竹の内・二上山
吉野
不破の関・大垣
桑名・熱田・名護屋
伊賀上野ふたたび
奈良・京・伏見・大津・辛崎・水口
熱田
甲斐山中・江戸

『鹿島紀行』
旅立ち 行徳
八幡 鎌ヶ谷 筑波山
布佐 鹿島 根本寺
旅の句集

『笈の小文』
序章
旅立ち
道の日記、鳴海、吉田、保美
伊良古崎、熱田
旧里
新大仏寺、伊勢
万菊丸
道中
吉野、高野・和歌
旅の賦
大和路
須磨・明石夜泊
須磨

『更級紀行』

『幻住庵記』

『嵯峨日記』
落柿舎
小督塚
凡兆・羽紅夫婦泊まる
終日ねむり臥す
門人たちの消息
作句
史邦、丈艸、乙州来る
五吟連句
夢に杜国を見る
奥州高館の詩
曾良来る

解説ふくむ収録時間:4.2時間
朗読のみの収録時間:72分


※メディアはパソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、くれぐれもご注意ください。

価格:3000円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

あわせて発売中です

そして『おくのほそ道』の現代語訳つき朗読cd-romも、大好評発売中です。

月日は百代の過客にして行き交ふ年もまた旅人なり

元禄ニ年、四十六歳の松尾芭蕉は門人河合曾良と共に『奥の細道』の旅へ出発しました。深川の庵を出発し奥羽、北陸を経て美濃の大垣まで全行程約600里(2400キロメートル)、日数約150日間にわたる壮大な旅です。

それは西行、能因といった「古人」の魂に触れる旅であり、ロマン溢れる歌枕の地を訪ねる旅でした。

本製品は『おくのほそ道』全章の原文朗読と現代語訳朗読、それらの文字起こしテキストpdf、そしてメール講座「よくわかる おくのほそ道」をセットにしたものです。

メール講座「よくわかる おくのほそ道」は、『おくのほそ道』のすべての句、すべての章を徹底して詳しく解説し、現地の旅行案内をも兼ねたメール講座です。

「古文はよくわからない」「注釈書を読むのが面倒」という方でも、楽しんで聴いていてる芭蕉の句の奥深い世界にどっぷり浸る事ができます。

『松尾芭蕉 紀行文集』とあわせて聴いていただくと、『野ざらし紀行』や『笈の小文』の旅で試行錯誤を重ねた芭蕉の芸術観が、『おくのほそ道』でどう花開いたのか?どう形になっていったのかが、一連の流れとしてわかるはずです。

今なら、『松尾芭蕉 紀行文集』+『現代語訳つき朗読『おくのほそ道』』セットでのご購入がセット価格となりお得です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

≫『松尾芭蕉 紀行文集』+『おくのほそ道』セットでお申込みはこちら(6000円)

決済方法は、クレジット決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済、PAYPALをご用意しております。クレジット決済・代金引換、PAYPALの場合はお申込み後すぐに発送作業に移ります。銀行振込・コンビニ決済の場合は入金確認後、発送作業に移ります。到着には3-4日かかります。

※音楽用CDではないのでご注意ください。本製品はパソコン用データCD-ROMです。再生にはパソコンが必要です。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんのでご注意ください。

プロフィール


左大臣プロジェクト運営委員会代表。日本でただ一人、古典・歴史の「語り」とインターネットによる通信販売を組み合わせ、専業事業として行っている。メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」は読者数21000人。楽しく躍動感あふれる語りで好評をはくす。平成29年、京都に移住。

好きな言葉
「人の意見は聞くな」
「大衆は常に間違っている」

嫌いな言葉
「チームワーク」




※メディアはパソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、くれぐれもご注意ください。

価格:3000円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫『松尾芭蕉 紀行文集』+『おくのほそ道』セットでお申込みはこちら(5000円)

よくある質問

●スマートフォンで聴けますか?
音声は聴けますが、現在のところ文章・図解表示機能はスマートフォンには未対応です。パソコンから転送する必要があるので、パソコンが必要です。パソコン無しでスマートフォンのみではお聴きになれません。またiPhoneで聴くには、iTunesで音声データをパソコンからiPhoneに転送する必要があります。iTunesはapple社が無料配布している音楽管理ソフトです。iTunesはアップルの公式サイトでダウンロードできます。

●CDプレイヤーで聴けますか?
聴けません。本製品は、パソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤーでは再生できません。

●時間はどれくらいですか?
解説ふくむ音声が4.2時間。朗読のみの音声が74分です。

●テキストはついていますか?
pdf形式のテキストファイルが付属しています。

●本はついていますか?
本はついていません。

●支払い方法は?
銀行振込、代金引換、クレジット決済、コンビニ決済をご用意しています。あるいはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

●何日くらいで手元に届きますか?
3-4日から1週間程度でお届けします。1週間経ってもとどかない場合、途中何らかの郵送トラブルが発生した可能性がございますので、inform【アット】sirdaizine.comまでご連絡ください。


※メディアはパソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、くれぐれもご注意ください。

価格:3000円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫『松尾芭蕉 紀行文集』+『おくのほそ道』セットでお申込みはこちら(6000円)

本日も左大臣光永がお話しました。ありがとうございます。ありがとうございました。



特定商取引法上の表記 と プライバシーポリシー