李白─
酒と月と人生を愛した、
中国最大の詩人

李白は8世紀初頭、盛唐の時代に生まれ、46年の生涯の大半を放浪の旅の中に過ごしました。

千篇あまりのすぐれた詩と、数々の伝説を残して世を去りました。

今なお「中国最大の詩人」として、世界中で高い評価を受けています。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Rihaku01-01.mp3

朝辞白帝彩雲間
千里江陵一日還
両岸猿声啼不住
軽舟已過万重山

朝(あした)に辞す白帝彩雲(はくていさいうん)の間(かん)
千里の江陵一日にして還る
両岸の猿声(えんせい)啼いて住(や)まざるに
軽舟(けいしゅう)已に過ぐ万重の山

朝焼けの空に五色の雲が美しくたなびく中、白帝城を出発し、千里先の江陵まで一日がかりで戻ってきた。

両岸から聞こえる寂しげな猿の声がなりやまぬうちに、私の小さな舟はもう幾万にも重なった山々を通り過ぎてしまう。


オンライン版「李白 詩と生涯」

本サービスは李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたものです。

≫今すぐ申し込む

「オンライン版」のメリットとは?

専用サイトにアクセスしていただき、インターネット上で閲覧していただく形となります。

ログイン画面はこんな感じです。
↓↓
↓↓

ご注文いただいてから48時間以内に、専用サイトにアクセスするための「ID」「パスワード」を発行してメールでお送りします。

メールに記載されたurlから専用サイトにアクセスしていただき、そこで「ID」と「パスワード」を入力することにより、閲覧が可能になります。

cd-romのような実体の無い、ウェブサービスという形をとることで、ご利用者さまにもメリットが生まれます。スマホでもパソコンでもタブレットでも閲覧できること。インストール作業が不要であること。低価格化。最新の状態に常にアップデートされること、などです。

またインターネット上で閲覧いただくだけでなく全データをダウンロードしていただくことも可能です(パソコンのみ)

■スマホ→OK!

パソコンがなくてもスマホ「だけで」再生できます。例えば電車や車での移動中、スマホでお気軽にお聴きいただけます。パソコンからスマホにデータを転送するといった面倒な作業もいりません。iPadなどのタブレットでもできます。

※ただしスマホ等で再生する場合は通信費が発生しますので、wifi環境でのご利用をおすすめします。

■パソコン→OK!

もちろんパソコンでも再生できます。スマホで聴きたいという方も、自宅でパソコンでゆっくり聴きたいという方も。どちらも大丈夫です。

■cd-rom →不要

cd-romを必要としませんので、cd-romのついていないパソコンでも再生できます。パソコンを持っていなくても、スマホのみで再生できます。

■インストール不要

専用サイトへ入室していただき、インターネット上でご覧いただく形となります。よって面倒なインストール作業が必要ありません。「ID」と「パスワード」をお送りしますので、専用サイトでそれらをご入力いただくことにより、すぐに閲覧できます。

■低価格化

CD-ROM等の「形のある」商品ではありませんので、送料や梱包の手間がかかりません。当方にとってもコストが抑えられるため、値段を安くできます。

■アップデートを常に受けられる

インターネット上の専用サイトにアクセスしていただく形ですので、修正点があった場合は当方ですぐにアップデートできます。お客様には最新の正しい情報を、面倒な作業なしに得られるというメリットがあります。

特に歴史関係の話は、年々新しい説が生まれ、過去の説が塗り替えられていきます。現在の定説が必ずしも定説であり続けるとは限りません。できる限り最新の説に対応するよう、常にアップデートを繰り返していきます。

■ダウンロードも可能

インターネット上でご覧いただく形ですが、やはり手元にデータを置いておきたいという方もあるかと思います。

そこでファイルをまとめてダウンロード出来るようにしました。音声MP3ファイルとテキストPDFファイルをダウンロードしていただけます。

※以前CD-ROM版をお買い上げの方は、無料でログインしていただけます。後日案内をお送りします。間違って二重に購入なさらないようご注意ください。

※サーバー負荷の関係から、販売できるID数に限りがあります。予告なく販売終了しますので、お申込みはお早めにどうぞ。

李白の詩の魅力とは?

李白の詩の魅力とは何でしょうか?

まず第一に、その豪快さだと思います。

流れ落ちる滝を「飛流直下三千尺」と歌い、長江を流れ下る船のスピード感を「千里の江陵一日にして還る」と大胆に表現し、

君見ずや黄河の水天上より来たるを 奔流海に入ってまたかえらず」と常人の思いもよらない発想で歌い上げる…

故郷・蜀の地へ続く険しい山道のことは 「噫吁戲(ああ) 危ふきかな高い哉 蜀道の難きは青天に上るよりも難し」と、 一度聴いたら忘れられないリズムで歌い上げます。

しかも李白の詩の雄大さは、単に景色を歌っているのではなく、 景色に、人の心、心理が重ね合わせられています。

「飛流直下三千尺」と流れ落ちる滝の豪快な景色に 重ね合わせて、俺もこの滝のように、 ひとかどの者になるぞ、という深い決意が感じられるのです。

李白の詩を読んで、高ぶり、励まされるゆえんです。

一杯一杯また一杯」と陽気に酒を進めてくるかと思うと、 「千金散じ盡くせば 還た復た來たらん」… 金なんてなくなってもどうせまた入ってくる。 それよりも今、飲んで騒ごうと背中を叩いてくれる心強さ。

そして酒をあおりながらも 「天 我が材を生ずる必ず用有り」(天がこの才能を俺に授けたのだ。必ず用いられる時が来る)と、 あくまで自分の才能を信じている前向きさ。 励まされます。非常に高ぶります。

一方で繊細なセンチメンタルな詩も多く、 豪快さと表裏一体をなす李白の詩の特徴になっています。 日本でも人気の高い「静夜思」。

牀前月光を看る
疑うらくは是地上の霜かと
頭を挙げて山月を望み
頭を低(た)れて故郷を思う

意味もわかりやすく、しっとり憂鬱にくれる感じが、 故郷を遠く離れて故郷をしのんでいる様子が 日本人にも共感されやすいのか、とても人気の高い詩です。

月下独酌

私は大学時代に、
李白の「月下独酌」という詩を知りました。

李白が一人月明りの下で飲んでいるという詩です。 月と、自分と、地面にうつった自分の影と。 これで酒を飲む仲間が三人になったぞと見て、外で飲んでいるのです。

あえて訳は書きません。月の下で舞い踊る詩人の姿をイメージしながら聞いてみてください。

月下独酌 李白

花間一壼酒
獨酌無相親
舉杯邀明月
對影成三人
月既不解飮
影徒隨我身
暫伴月將影
行樂須及春
我歌月徘徊
我舞影零亂
醒時同交歡
醉後各分散
永結無情遊
相期遥雲漢

月下独酌 李白

花間(かかん) 一壷(いっこ)の酒、
独り酌(く)んで相(あい)親しむもの無し。
杯(さかずき)を挙げて名月を迎え、
影に対して三人と成る。
月既に飲(いん)を解(かい)せず、
影徒(いたづらに我が身に随う。
暫(しばら)く月と影とを伴い、
行楽(こうらく)須(すべか)らく春に及ぶべし。
我歌えば月徘徊(はいかい)し、
我舞えば影零乱(りょうらん)す。
醒(さ)むる時ともに交歓(こうかん)し、
酔うて後は各々(おのおの)分散(ぶんさん)す。
永く無情(むじょう)の遊(ゆう)を結び、
相期(あいき)す遥かなる雲漢(うんかん)に。

「なんてカッコいいんだ!」

大学生だった私は、感激して、すぐに李白のマネをしてみました。

夜中、公園に酒を持ち出して、 月の光の下で飲みました。

もっとも当時住んでいたのが池袋ですから、 夜に闇なんか無いんですが…

心の中には李白気分で、独り盛り上がっていたのです。 サンシャイン60の空中庭園で日本酒を飲んだ時は、 特に気分が高揚しました。

大学生だった私は「月下独酌」を、 ひたすら風流で、カッコいい詩と思っていました。

しかし、違ったのです。

この詩は単に風流でカッコいいだけでは、なかったのです。

この詩には宮廷の人間関係に溶け込めない 李白の孤独感がにじみ出ているのです。

うっくつした感情の、裏返しで、 陽気さが前面に出ているのです。

私はそれ知り、ますます李白の詩が、 人物が、好きになりました。

本サービスは、

李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたものです。

膨大な李白の詩の中でも、

●日本でも愛唱されて馴染み深いもの
●あまり難解でなく、背景説明の必要が無いもの
●言葉の抑揚が美しいもの

を中心に33篇を選びました。李白の名作といわれる詩は、
ほぼ網羅できているはずです。

李白の生涯をたどりながら適宜、
詩の朗読と解説を挿入するという構成になっています。
通して聴くと、李白の詩とともに
李白の人物像が浮かび上がってきます。

日本語朗読・解説 左大臣光永

日本語朗読と解説は、私左大臣光永が担当しています。

左大臣プロジェクト運営委員会の代表として古典・歴史の語りを行っております。楽しく躍動感のある語りと好評をいただいております。2017年より平安京の歴史と文化を語るため、京都に移住しました。メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」は2010年より、1300回以上にわたって配信中。現在、京都と静岡で定期的に講演中です。

中国語朗読

中国語朗読は北京出身で現在、東京で中国語講師をされている王紀超さんに担当していただきました。

はじめまして王紀超と申します。
私は中国の北京から来て、日本で13年間中国語を教えています。日本が大好きで、仕事も好きです。趣味は本を読む事、音楽を聞く事と文章を書く事です。たまに生徒さんから中国語のブログを見たいといわれるので、自分のブログも作りました。中国語を勉強している皆さんの役に立てればと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

今回中国語の朗読部分、左大臣光永さんから依頼が有りまして、喜んで協力しました、本当に日本の方々に漢詩の素晴らしさを伝えたくて、気持ちを込めて精一杯練習して、録音しました。 

例えば、「月下独酌」と言う詩の朗読を録音するときに、李白当時の一人での考え、一人での楽しい気持ち、また一人での寂しい気持ちを感じるために、私もお酒を飲みながら、この詩の朗読を録音しました。他の朗読でも声をぶるぶる震えるところもあります、日本の方はこの部分を聴くと「遣りすぎじゃないの?」と思われるかもしれないですが、詩と言うものはやっぱり心で読まないと、味が薄くなるので・・・・・

オンライン版「李白 詩と生涯」

本サービスは李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたものです。

スマホでも、タブレットでも、パソコンでもご視聴いただけます。

収録内容

戴天山の道士を訪うて遇はず
峨眉山月の歌
蜀道難(NEW)
秋荊門を下る
早発白帝城
春夜洛城に笛を聞く
内に贈る
黄鶴楼送孟浩然之広陵
孟浩然に贈る
客中行
静夜思
長干行(NEW)
将進酒
子夜呉歌
清平調子其一
清平調子其二
清平調子其三
晁卿衡を哭す
月下独酌
魯郡の東 石門にて杜二甫を送る
金陵城西樓月下吟
宣州謝チョウ樓餞別校書叔雲
独坐敬亭山
友人を送る
山中問答
山中にて幽人と対酌す
酒を把りて月に問ふ(NEW)
望天門山
汪倫に贈る
望廬山瀑布
戦城南(NEW)
南流夜郎寄内(NEW)
春夜桃李園に宴するの序(NEW)

収録時間: 約3時間

※本製品はオンラインでご視聴いただくウェブアプリです。別途、通信費がかかりますので、なるべくwi-fi環境でご視聴ください。


価格:2500円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格4000円)。

早期お申込み特典

4月30日までにお申込みいただいた方に、 特典として解説音声「安史の乱」をお送りしています。

755年に勃発した安史の乱は 8年間にわたって中国全土を焼き尽くし、 豊かだった国土は焼け野が原になりました。

安史の乱
755年 安史の乱

杜甫の「国破れて山河あり」は 変わり果てた長安の町を詠んだことで有名ですよね。

李白や杜甫、王維、この時代を生きた 詩人たちの作品の上にも 安史の乱は暗い影を落としています。

この解説音声は、玄宗皇帝や楊貴妃、楊国忠、 高力士といったおなじみの面々もまじえて、 わかりやすく「安史の乱」を語っています。約50分の解説音声です。

安史の乱の流れを知っておけば、 李白の詩の理解も、いっそう深まるはずです。

4月30日までのお申込み特典となります。お申込はお早目にどうぞ。

「杜甫」も発売中です。

あわせて「オンライン版 杜甫 詩と生涯」も、発売します。

家族を愛し、人民を愛し、社会問題や天下国家のことを多く歌った詩聖・杜甫。

生涯の大半を放浪の旅の中に過ごし、酒と月と人生を愛し、千篇あまりのすぐれた詩と、数々の伝説を残した詩仙・李白。

作風も、生き様も、李白と杜甫はまったく対照的です。あわせて聴けば、二人の作風の違い、それぞれの魅力がさらに浮き立ってきます。

収録内容

01_春日李白を憶う
02_飲中八仙歌
03_貧交行
04_兵車行
05_月夜
06_春望
07_哀江頭
08_羌村
09_曲江
10_曲行
11_九日藍田崔氏莊
12_石壕の吏
13_衛八処士に贈る
14_蜀相
15_江村
16_客至
17_春夜 雨を喜ぶ
18_登高
19_茅屋為秋風所破歌
20_絶句
21_絶句
22_倦夜
23_旅夜書懐
24_詠懐古跡
25_秋興
26_登楼
27_登岳陽楼
28_江南にて李亀年に逢う


収録時間: 約3時間



≫「杜甫」のお申込みはこちら(価格 2500円)。
≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格4000円)。

いただいたご感想より

今までと違う観点からの勉強になります。

左大臣様

・中国語朗読つき 李白 詩と生涯
・百人一首 全首・全歌人 徹底解説

上記CD 13日に頂戴致しました。
少しだけ読ませて頂きました。
背景とかを頭に浮かべて聞かせていただきましたので、
今までと違う観点からの勉強になり、順次ゆっくり読みきたせていただきます。
有難うございました。

PS 杜甫、王維、杜牧 とかについてもCDは発売しているのでしょうか?
    お尋ねします。

>>このたび杜甫のCD-ROM発売と相成りました。
その後、白楽天も企画中です。

孤月を眺めて李白を想い酒が飲めます!

左大臣プロジェクト運営委員会代表 光永 隆さん

おせわになりました。
本日、李白のDVD受領し、動作正常を確認しました。
お手数をお掛けしました。

これで孤月を眺めて李白を想い酒が飲めます!
ありがとうございました。

中国語で暗唱できる詩を増やしていきたい

左大臣光永先生
さっそくCDをお送りいただきありがとうございます 私
漢詩と現代中国語に少しく興味をもっています
先生のCDで勉強して、中国語で暗唱できる詩を
少しずつ増やしていきたいと考えています
(中略)
以前に「伊勢物語」のCDを購入させていただきましたが
日本の古典にとどまらない先生のお仕事の広さと深さに
感嘆しています
先生の一層のご活躍をお祈りしております

たくさんの漢詩がきけて感謝しています。

おくの細道と、日本漢詩と漢詩の朗読を、
送っていただき、ありがとうございます。

はじめ漢詩の朗読のサンプルをきいて、とても
素敵な声と感動して、きき入っていました。
そして購入させていただきました。

私は三国志を題材とした漢詩に興味がありましたが、
DVDで素晴らしい声のたくさんの漢詩がきけて
感謝しています。

おくの細道も楽しみにきいています。

ほんとうにありがとうございました。

むかし、シナ語をかじったことがありました。

左大臣様 「中国語朗読つき 『李白」、『杜甫』 それにオマケの『解説音声・安史の乱』を拝受しました。毎日少しずつ聴いています。

小生にとってはテキストに音声がかぶさるより、現状のようにそれぞれが別の場所にあるほうが好ましく思えます。ピンインが添えられていれば、たしかに便利でしょう。

そのむかし、シナ語をかじったことがありました。使った辞書の見出し語は、漢字とウエード式ローマ字。ピンインはよく工夫されていますが、ウエード式にも捨てがたい味があります

漸く憧れの李白の扉を開けることが出来ました。

左大臣 光永様

これから、じっくりと李白の世界を楽しみたいと思っています。
私の李白への興味関心は詩そのものにもありますが、数度に亘り
シルクロードを旅した(自転車で)経験の中で、李白の祖父が西域
に流刑された事を知ったことにもよります。

CDの中身は、これから拝見(拝聴)しますが、地図は更に現地へ
の想いをかき立てさせてくれますね。

音声朗読には、カラオケのように字幕があれば、もっと親しみ易く
なると思います。

とりわけ、中国語にはピンインが標記されると大変会い難いのですが。
それから、今回のようにNET配信で購入出来ると、送料・振込手数料
等が節約できると思うのですが。

勝手なことを申し上げましたが、取り急ぎ御礼申し上げます。
                  つくば市 K.O.さま

というわけで、

オンライン版「李白 詩と生涯」

本サービスは李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたものです。

特典の「解説音声 安史の乱」は4月30日お申込みまでの早期お申込み特典です。お申込みはお早めにどうぞ。

※本製品はオンラインでご視聴いただくウェブアプリです。別途、通信費がかかりますので、なるべくwi-fi環境でご視聴ください。


価格:2500円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格4000円)。

本日も左大臣光永がお話いたしました。
ありがとうございます。ありがとうございました。

特定商取引法上の表記