国破れて山河あり
城春にして草木深し

こんにちは。左大臣光永です。最近は昼間暑くて何もしたくないので、昼は寝て、夜仕事してます。秋になったらまた朝型に戻すつもりです。

さて本日は商品のご案内をお送りさせていただきます。

中国語朗読つき 杜甫 詩と生涯 CD-ROM版です。


現在の西安市

≫今すぐ申し込む

杜甫。中国盛唐期の詩人。

家族を愛し、人民を愛し、
社会問題や天下国家のことを多く歌いました。

その作風から李白の「詩仙」に対し「詩聖」と呼ばれます。
松尾芭蕉や島崎藤村など、日本の文学にも
大きな影響を与えています。

特に「国破れて山河あり」の出だしではじまる
「春望」は日本でもとても愛されて有名ですね。

では1200年以上にわたって杜甫の詩が愛されている、
その魅力とは何でしょうか?

それは色々あるとは思いますが…

愛のある人間観察

私はまずこれを真っ先に挙げたいです。

戦乱と飢餓を避けて各地を渡り歩いた末、
杜甫は四川省・成都郊外に庵を結び、
久しぶりに家族とのんびりした時間を過ごします。

清らかな川の流れが村を抱き込むように流れていき、
長い夏には川沿いの村はあらゆる物がのんびりしていました。

自由に出入りする梁の上の燕。
親しみ近づいてくる水中の鴎。
そして次の二句が、実にすばらしいです。

老妻(ろうさい)は紙に書いて棋局(ききょく)と為し
稚子(ちし)は針を敲(たた)いて釣鉤(ちょうこう)を作る

老妻畫紙為棋局
稚子敲針作釣鉤

『江村』

年老いた妻は紙に描いて碁盤を作り、
おさな子は針を叩いて釣り針を作っている。

こまかな人間観察じゃないですか。
ふつう詩に書かないような、ちっともドラマチックでない場面ですが、
しみじみと、杜甫の暖かい視線が伝わってきます。

あなた、一局打ちましょう。お、そうか。今日は負けんぞなんて、
夫婦の会話も聞こえてきそうじゃないですか。

おさな子は針を叩いて釣り針を作っている、
そのカチカチ叩く音も聞こえてきそうですね。

そして戦乱の中にあっては、こんな何気ない
日常の場面こそが、しみじみと愛おしく、
何物にも代えがたいという感慨。

また別の詩では、

20年ぶりに再会した旧友の家に招かれた時の感動を
杜甫はこう歌います。

昔、別れしとき、君未だ婚せざりしに
男女、忽ち行(こう)を成す
恰然(いぜん)として父執(ふしつ)を敬い
我に問う、何れの方より来たれるかと

昔別君未婚
男女忽成行
恰然敬父執
問我来何方

『贈衛八処士』

昔別れた時、君はいまだ独身だったのに、
今や男の子女の子が列をなしている。

にっこり笑って父の友人である私を敬い、
私に質問する。どこから来たのですかと。

これなんか、わかるじゃないですか。

若い時は血気さかんで、
お互いに結婚なんて遠い先のことだと、
天下国家を大いに語り合っていたのが、

お互いに髪の毛にも白いものが混じって、
今やその友人は、たくさんの子供がいて、
男の子も女の子もいて、父の昔の友人に、
おじさん、どこから来たんですか、なんて質問する…

人生の一場面を切り取った感があります。

愛のある人間観察。

杜甫の詩の大きな魅力だと私は思います。

さて、

長い不遇時代の末、ようやく粛宗皇帝のもとで
官職を得た杜甫でしたが、
ひょんなことから皇帝の怒りを買い、左遷されてしまいます。

その前後に、久しぶりに家族の疎開している村に
帰ってきた時のことを詠んだ「羌村(きょうそん)」という詩です。

世乱れて飄蕩(ひょうとう)に遭(あ)い
生還 偶然に遂ぐ
隣人 牆頭(しょうとう)に満ち
感歎して亦(ま)た歔欷(きょき)す
夜(よる)闌(たけなわ)にして更に燭(しょく1)を秉(と)り
相対(あいたい)すれば夢寐(むび)の如し

世乱遭飄蕩
生還偶然遂
隣人満牆頭
感歎亦歔欷
夜闌更秉燭
相対如夢寐

『羌村』

意味は、

世が乱れて私は漂泊の旅をすることになり、
生きて帰ってこれたのは偶然というべきだ。

隣人たちは土塀のほとりにあふれ
感じ入って、またすすり泣く。

夜が更けてくると更に蝋燭をつけかえ
妻と向かい合っていると、まるで夢を見ているようだ。

再会を驚き、そして涙する隣人たちの表情の変化。

「なんだなんだ…おっ、
子美(杜甫の字)のやつが帰ってきたのか?」

集まってくる隣人たち。

そして灯のもとでの妻との語らい。

一場面一場面が映画のように
あざやかに浮かんでくるじゃないですか。

このように、杜甫はとことん妻と子を愛する、家庭人でした。

研ぎ澄まされた美意識

また、研ぎ澄まされた美意識も杜甫の詩の大きな魅力だと思います。

江碧にして鳥いよいよ白く、
山青くして花燃えんと欲す。

江碧鳥逾白
山青花欲然

杜甫は故郷から遠く離れた蜀の成都にあって、
故郷に帰れる日を心待ちにしていました。

しかし、安史の乱終結後も
蜀から洛陽までの道のりには盗賊や軍閥がひしめき、
家族を連れて移動できるような状況ではありませんでした。

そんな中、避難先でふたたび迎えた春の景色を歌った詩です。

江碧鳥逾白
山青花欲然。

川は緑で、その中に白い鳥の姿が引きたち
山は青く、花は今まさに咲き出そうとしている…。

【碧】【白】【青】と、
強烈な色彩のコントラストで春の風景を描き出します。

だから明るく晴れ晴れした詩かと思いきや、
そんな綺麗な景色だけども、私の故郷とは違う、ここは異国だ。
ああ、いつになったら戻れるのか…という侘しい心が、
重ね合わされています。

天下国家への志

そして、天下国家への志。

ここが私がすごく杜甫に共感を覚え、
大好きな所ですが、

杜甫は諸葛亮孔明をたいへん尊敬していました。

三顧(さんこ)頻煩なり 天下の計
両朝開済(かいさい)す 老臣の心
出師(すいし)未だ捷(か)たざるに身先ず死し
長(とこし)えに英雄をして涙襟に満たしむ

三顧頻煩天下計
兩朝開濟老臣心
出師未捷身先死
長使英雄涙満襟

『蜀相』

三顧の礼を尽くした蜀の劉備に対し、
孔明は【天下三分の計】を示した。
そして劉備・劉禅二代にわたって、
老いてなお蜀に仕えたのだ。

魏に対して北伐の軍を起こしたが、
戦いに勝つ前に病に倒れてしまった。
こうした孔明の生き様は、
後世の英雄たちに涙をしぼらせることになったのである。

孔明は漢王朝の復興という志半ばにして、
病に倒れました。

杜甫は孔明に深く心酔し、唐王朝における
孔明たらんとしていた感があります。

755年に勃発した安史の乱は、まさに唐王朝にとって
国家存亡の危機でした。洛陽に続き首都長安が
陥落し、玄宗皇帝は遠く蜀の地に難を逃れました。

その時、新たに即位した玄宗の子・粛宗のもとに
杜甫は駆けつけます。この天下の危機に際して、
お力添えをさせてくださいと。

杜甫は、唐王朝における
諸葛亮たらんと考えていたのかもしれません。

杜甫は戦乱を避けて成都郊外に避難していた時、
たびたび諸葛亮孔明の霊廟「武侯祠(ぶこうし)」を訪れています。

詩人として今日有名な杜甫ですが、
別に詩だけを書きたかったわけではないんです。

中国では詩は天下国家の事に直結したことでした。
なので科挙でも詩を作る能力がまず求められました。

杜甫も、「今はこんなだが、俺もいつかは
天下国家のことに関わるぞ。世の中を、よくするぞ」

という気持ちがあったのです。

孔明に共感するところが大きかったのです。

だからこそ、安史の乱の際、皇帝粛宗が安禄山軍に
反撃を試みた時、まっさきに馳せ参じました。
今こそ国家の危機。今やらなくて、いつやるのだと!

山奥で隠居して文学だけを弄んでいればいいということではない。
杜甫の、この姿勢が!、私は大好きです。

杜甫の詩は難しい?

!! ただし !!

杜甫を読む上で大きな障害となるものがあります。

言葉の難しさです。

崢嶸(そうこう)たる赤雲(せきうん)の西
日脚(にっきゃく) 平地に下る
柴門(さいもん) 鳥雀(ちょうじゃく)噪(さわ)ぎ
帰客(きかく) 千里より至る

崢嶸赤雲西
日脚下平地
柴門鳥雀噪
帰客千里至

『羌村』

これ、音だけ聴いて意味が取れるでしょうか?
ちょっと難しいですよね。
そこで、現代語訳を聴いてみてください。

高くそびえる夕焼雲の西から、
陽の光が平地に下ってきた。

わが家の柴の門には雀などの鳥がさわぎ、
はるか遠くから旅人は帰ってきた。

このように現代語訳を読んでから、
再度、漢文に立ち返ると……

崢嶸赤雲西
日脚下平地
柴門鳥雀噪
帰客千里至

かなり、状況がつかめるんじゃないでしょうか?

問答 未だ已むに及ばざるに
児(じ)を駆って酒漿(しゅしょう)を羅(つら)ぬ
夜雨(やう)に春韮(しゅんきょう)を剪(き)り
新炊(しんすい)に黄粱(こうりょう)を間(まじ)う

問答未及已
驅児羅酒漿
夜雨剪春韮
新炊間黄粱

『贈衛八処士』

こちらも、音だけを聴くとサッパリわからないと思います。
杜甫が、20年ぶりに再会した友人の家に招かれ、
接待を受けている場面です。現代語訳は、

挨拶がいまだ終わらない内に
君は子供たちを促して酒と飲みものを並べる。

夜、雨が降る中を春の韮(にら)を切ってきて
たきたてのご飯には黄色い粟がまじっている。

これを聴いてからふたたび漢文を聴くと…

かなり、わかりやすいですよね?

最初に現代語訳を聴いてだいたいの内容を頭に入れて、

それから漢文に立ち返ることで…

「うんうん、こういうことを言っているのだな」と、
わかるようになっています。

「言葉の難しさ」という、
杜甫の詩を味わう上での一つの障害を乗り越えて、
杜甫の詩の世界に、
ぞんぶんに浸っていただけます。
そのための、現代語訳です。

中国語でも聴きたい

では、漢文書き下し・現代語訳があればいいのか?

やはり、中国の詩ですから、

「中国語でも聴きたい」

と思うのが普通だと思います。

もっとも杜甫の時代の中国語と、現在の中国語とまったく違うものですから、現在の中国語で朗読して、それがそのまま正しい発音というわけではありませんが…

それでも、どんな感じなのか?雰囲気は伝わると思います。

ところが日本ではなかなか中国語の朗読は
まとまった形で手に入りません。

AMAZONや大手書店で探してみてください。
ほんっっとうに、少ないです。

あるとしても何万円もする高価なものだったり、
肝心な、自分の聴きたいものが欠けていたり、

また中国語といってもひどい訛りがあったりすると、
ガッカリですよね。

そこで、聴いてみてください。。

国破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別鳥驚心
烽火連三月
家書抵萬金
白頭掻更短
渾欲不勝簪

『春望』

最初サンプルを聴いた時、

「これだ!!」

と思いました。
長い間求めきた、「中国語による漢詩の朗読」が、
理想の形が、ここにあると。

李蒨さんは現役のナレーターの方で、
大手企業や官庁のCMにも出演されています。

その美しい抑揚は、中国語がまったくわからなくても、
聴き惚れてしまうはずです。

ぜひ日本語書き下しとあわせて聴いてみてください。

杜甫の詩の魅力に、どっぷり浸れるはずです。

本製品は、

杜甫の代表的な詩28篇を日本語書き下し・現代語訳・中国語で朗読し、解説を加えたCD-ROMです。

膨大な杜甫の詩の中でも、

●日本でも愛唱されて馴染み深いもの
●あまり難解でなく、背景説明の必要が無いもの
●言葉の抑揚が美しいもの

を中心に28篇を選びました。杜甫の名作といわれる詩は、
ほぼ網羅できているはずです。

杜甫の生涯をたどりながら適宜、
詩の朗読と解説を挿入するという構成になっています。
通して聴くと、杜甫の詩とともに
杜甫の人物像が浮かび上がってきます。

中国語朗読は、李蒨(りせん)さんに
担当していただきました。

李蒨さんは現役のナレーターの方で、
大手企業や官庁のCMにも出演されています。

中国語の勉強になることはもちろん、
中国語がまったくわからなくても、
抑揚の美しさに、引き込まれてしまうはずです。

そして解説は、テンポに緩急をつけて、詩の背景や、
こぼれ話なども含めて楽しく語りました。

聴いているだけで、
杜甫や杜甫の生きた時代についての知識が身につきます。

また、解説部分をはぶいた

●中国語朗読のみの音声
●日本語朗読のみの音声

も、入っていますので、必要に応じてお聴きいただけます。

収録内容

01_春日李白を憶う
02_飲中八仙歌
03_貧交行
04_兵車行
05_月夜
06_春望
07_哀江頭
08_羌村
09_曲江
10_曲行
11_九日藍田崔氏莊
12_石壕の吏
13_衛八処士に贈る
14_蜀相
15_江村
16_客至
17_春夜 雨を喜ぶ
18_登高
19_茅屋為秋風所破歌
20_絶句
21_絶句
22_倦夜
23_旅夜書懐
24_詠懐古跡
25_秋興
26_登楼
27_登岳陽楼
28_江南にて李亀年に逢う


収録時間: 約3時間

そして、

早期お申込み特典です。

7月31日までにお申込みの方へ、
諸葛亮孔明の「出師の表」の
漢文・中国語・現代語訳による朗読をお送りします。

「出師の表」は蜀の諸葛亮孔明が、
宿敵・魏との最終決戦に臨むべく、
皇帝劉禅にその決意をあらわし、
また先帝劉備への感謝の意をこめて、たてまつった文書です。

名文として名高く、これを読んで泣かない者は
人間で無いとまで言われます。
特に日本では古くから愛好されてきました。

今回は「出師の表」を格調高い漢文、
意味のとりやすい現代語訳、
そして抑揚の美しい中国語でそれぞれ朗読しました。

杜甫が孔明に心酔し、いつかは俺も孔明のように、
天下国家のために働くぞと願った、
その思いも重ね合わせて読むと、
聴くと、さらに味わいも増すはずです。

7月31日までのお申込みとなります。お早目にどうぞ。


※パソコン用データCD-ROMです。音楽用CDプレイヤーや映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、ご注意ください。

価格:3000円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格6000円)。

「李白」も発売中

あわせて「中国語朗読つき 李白 詩と生涯」も、好評発売中です。

生涯の大半を放浪の旅の中に過ごし、酒と月と人生を愛し、千篇あまりのすぐれた詩と、数々の伝説を残した詩仙・李白。

片や、家族を愛し、人民を愛し、社会問題や天下国家のことを多く歌った詩聖・杜甫。

作風も、生き様も、李白と杜甫はまったく対照的です。あわせて聴けば、二人の作風の違い、それぞれの魅力がさらに浮き立ってきます。

今ならセット購入が割引価格でお得になっております。お申込みはお早めにどうぞ。

収録内容

戴天山の道士を訪うて遇はず
峨眉山月の歌
蜀道難
秋荊門を下る
早発白帝城
春夜洛城に笛を聞く
内に贈る
黄鶴楼送孟浩然之広陵
孟浩然に贈る
客中行
静夜思
長干行
将進酒
子夜呉歌
清平調子其一
清平調子其二
清平調子其三
晁卿衡を哭す
月下独酌
魯郡の東 石門にて杜二甫を送る
金陵城西樓月下吟
宣州謝チョウ樓餞別校書叔雲
独坐敬亭山
友人を送る
山中問答
山中にて幽人と対酌す
酒を把りて月に問ふ
望天門山
汪倫に贈る
望廬山瀑布
戦城南
南流夜郎寄内
春夜桃李園に宴するの序


収録時間: 約3時間



≫「李白」のお申込みはこちら(価格 3000円)。
≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格6000円)。

杜甫「春望」

では最後に、杜甫の「春望」を、漢文、現代語訳、中国語で朗読します。

755年、節度使の安禄山が唐王朝に反旗を翻しました。
以後、戦乱は8年間におよび、豊かだった国土は
破壊しつくされ、焼け野が原となりました。

安史の乱です。

副都洛陽に続き首都長安まであっさりと落とされ、
反乱軍が長安に迫ると、玄宗皇帝は楊貴妃一族を引き連れ、
蜀の地へ難をのがれます。

逃亡した玄宗にかわって、玄宗の第三子粛宗が即位します。
杜甫は国を思う気持ち篤く、今こそ国家の危機と
粛宗のもとに駆けつけます。反乱軍と戦おうとしたのです。

しかし、粛宗のもとに駆けつける途上、
杜甫は反乱軍にとらえられ長安に連行されます。

時に756年。杜甫45歳。1年間にわたる捕虜生活の始まりです。

捕虜生活のさなか、杜甫は
長安郊外の丘に登り、荒れ果てた長安の町を見下ろします。

その時の感慨をつづったのが「春望」という詩です。

春望 杜甫
国破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別鳥驚心
烽火連三月
家書抵萬金
白頭掻更短
渾欲不勝簪

春望 杜甫
国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火三月に連なり
家書萬金に抵る
白頭掻かけば更に短く
渾べて簪に勝えざらんと欲す

国都長安は破壊され、ただ山と河ばかりになってしまった。
春が来て城郭の内には草木がぼうぼうと生い茂っている。

この乱れた時代を思うと花を見ても涙が出てくる。
家族と別れた悲しみに、鳥の声を聞いても心が痛む。

戦乱は長期間にわたって続き、家族からの便りは
滅多に届かないため万金に値するほど尊く思える。

白髪頭をかくと心労のため髪が短くなっており、
冠をとめるカンザシが結べないほどだ。

というわけで、『杜甫 詩と生涯』再発売です。特典の「出師表」の朗読は、7/31お申込みまでです。お申込みはお早めにどうぞ。

≫「李白」のお申込みはこちら(価格 3000円)。
≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格6000円)。

日本語朗読・解説 左大臣光永

左大臣プロジェクト運営委員会代表・左大臣光永。主に古典や歴史の解説音声や朗読音声を販売しています。メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」は読者数1万8千人。楽しく歯切れのよい語りで好評をいただいています。

平成23年パナソニック映像(株)の社内セミナーで「おくのほそ道」の講演。東京都教育委員会の学習コンテンツシステムにて『平家物語』、『論語』、漢詩の朗読を担当。平成24年4月~9月TAMA市民大学TCCで「はじめての『平家物語』」講演。10月~3月「百人一首の歌人たち」講演。4月~「松尾芭蕉とその時代」講演。マリエッタ(株)スマートフォン用アプリ「華麗なる百人一首」で朗詠音声担当。三省堂(株)学校教科書の副読本付属CDで古典や漢詩の朗読担当。平成25年、広島県海の見える杜美術館にて菅原道真のナレーション担当。

よくある質問

●スマートフォンで聴けますか?
聴けます。ただしパソコンから転送する必要があるので、パソコンが必要です。パソコン無しでスマートフォンのみではお聴きになれません。またiPhoneで聴くには、iTunesで音声データをパソコンからiPhoneに転送する必要があります。iTunesはapple社が無料配布している音楽管理ソフトです。iTunesはアップルの公式サイトでダウンロードできます。

●CDプレイヤーで聴けますか?
聴けません。本製品は、パソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤーでは再生できません。

●時間はどれくらいですか?
約3時間です。

●テキストはついていますか?
html形式のテキストファイルが付属しています。

●本はついていますか?
本はついていません。

●支払い方法は?
銀行振込、代金引換、クレジット決済、コンビニ決済をご用意しています。あるいはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所と「銀行振り込みと代金引換のどちらを希望か」を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

●何日くらいで手元に届きますか?
3-4日から1週間程度でお届けします。1週間経ってもとどかない場合、途中何らかの郵送トラブルが発生した可能性がございますので、infor【アット】sirdaizine.comまでご連絡ください。

漢詩商品 ご購入者さまの声

漸く憧れの李白の扉を開けることが出来ました。

左大臣 光永様

この度は、大変お手数をお掛けし恐縮に存じます。
また、格別のご配慮を頂き、誠にありがとうございます。
PCと格闘し、漸く憧れの李白の扉を開けることが出来ました。
音声もバッチリです。

これから、じっくりと李白の世界を楽しみたいと思っています。
私の李白への興味関心は詩そのものにもありますが、数度に亘り
シルクロードを旅した(自転車で)経験の中で、李白の祖父が西域
に流刑された事を知ったことにもよります。

CDの中身は、これから拝見(拝聴)しますが、地図は更に現地へ
の想いをかき立てさせてくれますね。

                  つくば市 K.O.さま

今までと違う観点からの勉強になります。

左大臣様

・中国語朗読つき 李白 詩と生涯
・百人一首 全首・全歌人 徹底解説

上記CD 13日に頂戴致しました。
少しだけ読ませて頂きました。
背景とかを頭に浮かべて聞かせていただきましたので、
今までと違う観点からの勉強になり、順次ゆっくり読みきたせていただきます。

百人一首も子供の頃は意味も分からず 口ずさんでいましたが、
この歳になって結構凄い恋愛の詩だったのだと気恥ずかしくなります。
歳を経た分感じ方も違うでしょうから楽しみに読ませていただきます。

孤月を眺めて李白を想い酒が飲めます!

左大臣プロジェクト運営委員会代表 光永 隆さん

おせわになりました。
本日、李白のDVD受領し、動作正常を確認しました。
お手数をお掛けしました。

これで孤月を眺めて李白を想い酒が飲めます!
ありがとうございました。

中国語で暗唱できる詩を増やしていきたい

左大臣光永先生
さっそくCDをお送りいただきありがとうございます 私
漢詩と現代中国語に少しく興味をもっています
先生のCDで勉強して、中国語で暗唱できる詩を
少しずつ増やしていきたいと考えています
(中略)
以前に「伊勢物語」のCDを購入させていただきましたが
日本の古典にとどまらない先生のお仕事の広さと深さに
感嘆しています
先生の一層のご活躍をお祈りしております

たくさんの漢詩がきけて感謝しています。

おくの細道と、日本漢詩と漢詩の朗読を、
送っていただき、ありがとうございます。

はじめ漢詩の朗読のサンプルをきいて、とても
素敵な声と感動して、きき入っていました。
そして購入させていただきました。

私は三国志を題材とした漢詩に興味がありましたが、
DVDで素晴らしい声のたくさんの漢詩がきけて
感謝しています。

おくの細道も楽しみにきいています。

ほんとうにありがとうございました。

このようにたくさんのお便りをいただいております。返す返すも、ありがとうございます。



※本製品はパソコン用データCD-ROMです。音楽用CDプレイヤーでは再生できませんので、ご注意ください。


※パソコン用データCD-ROMです。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、ご注意ください。

価格:3000円(税込)






もしくはメルマガに直接返信してください。件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

≫李白・杜甫セットでのお申込みはこちら(価格6000円)。






特定商取引法上の表記