李白─
酒と月と人生を愛した、
中国最大の詩人

李白は8世紀初頭、盛唐の時代に生まれ、46年の生涯の大半を放浪の旅の中に過ごし、千篇あまりのすぐれた詩と、数々の伝説を残して世を去りました。

今なお「中国最大の詩人」として、世界中で高い評価を受けています。

「李白 詩と生涯」オンライン版

本サービスは李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、日本語解説を加えた音声とテキストです。

専用サイトにアクセスしていただき、IDとパスワードを入力することにより閲覧が可能となります。

↓↓↓サンプル音声「峨眉山月歌」(日本語・現代語訳・中国語)↓↓

http://roudokus.com/mp3/sample-Rihaku02.mp3

スマホで再生できます

パソコンがなくてもスマホだけでも再生できます(もちろんパソコンでも再生できます)。パソコンからスマホにデータを転送するといった面倒な作業もいりません。

電車移動中、スマホでポチポチと気軽に聴いていただくのも、ご自宅のパソコンでどっしり落ち着いて聴いていただくのも、ご自由にどうぞ、

※ただしスマホで再生する場合は通信費が発生しますので、wifi環境でのご利用をおすすめします。

すべての詩に、詳細な解説テキスト

音声だけでなく、通常のウェブサイトのように文章が表示されます。詩一遍ごとに原文・書き下し・現代語訳・語句解説・解説があり、必要に応じて地図を挿入していますので、内容理解がしやすく、イメージがつかみやすくなっています。

峨眉山月歌 李白
峨眉山月半輪秋
影入平羌江水流
夜發清溪向三峽
思君不見下渝州

峨眉山月の歌 李白
峨眉山月半輪の秋
影は平羌江水に入って流る
夜 清溪を發して三峽に向ふ
君を思へども見えず渝州に下る

現代語訳

秋の峨眉山には片割れ月がかかり、
月影は平羌の流れに映りこんで流れていく。
私は夜に清渓を出発して三峡に向かう。
川下りの間ずっと月を見たいと思っていたのだが、とうとう見えないまま渝州に下ってしまった。

峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡
【峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡】

語句

■峨眉山 四川省峨眉の東南にあるけわしい山。最初「蛾眉」と書いていたのを「峨眉」と改めた。二つの峰が向かい合って蛾の眉のように見えるからこう言う。五大山、天台山と並び、仏教の霊場として知られる。また女性の眉を「蛾尾」ということから、ここでは女性を指しているとも。 ■平羌江 峨眉山の北側を流れる青衣江(せいいこう)の古い呼び名。四川省雅安県から峨眉山の北を流れ、大渡河と合流する。諸葛亮孔明が羌夷を平定したのでこう呼ぶ。三峡 四川省の奉節県から湖北省の宣昌までの大渓谷。途中三つの渓谷があるのをまとめて、「三峡」という。「三峡」の三つをどれにするかは諸説あり。広渓峡・巫山峡・西陵峡・明月峡・黄牛峡・瞿塘峡・石洞峡・帰郷峡などの中から三つを数える。■清渓宿駅の名。四川省漢源県。■渝州 今の重慶。

解説

25歳の李白は舟に乗って故郷の蜀を後にします。舟といっても個人で漕ぐようなボートではなく、何人も乗れる豪華客船です。右を見ると故郷を象徴する山、峨眉山。仙人が住むという伝説のある峨眉山がそびえています。その山際には片割れ月が出ています。

これから広い世界を見てやる。そして名士の推薦をもらって、あわよくば都で一花咲かせよう。25歳の青年李白の胸には、さまざまな期待と不安が入り混じっていました。

李白の父は裕福な商人だったというのが定説です。生活には苦労がありませんでした。しかし25歳で故郷の蜀を離れたのを最後に、生涯二度と戻ってきませんでした。なぜなのか?もしかしたら李白は次男坊で、家業は長男が継ぎ、お前は才能もあるし、商売は継がせられないし、せめて好きなことやってみろ。仕送りはするから。わかりました父上…もしかしたら、そんな流れだったかもしれません。

舟は切り立った崖の合間を進んでいきます。はじめは見えていた月もいつしか崖で隠されてしまい、船はやがて長江で最も流れの速い三峡を目指して、やがて渝州(重慶)に到ります。

「はあ…月も隠れてしまった。成都に残してきた
愛しい娘は、今頃どうしているだろうか」

船べりによりかかって、ふうとため息をつく、青年李白。

「君を思へども見えず」の「君」は、表面的には「月」を指しますが、ここでは李白が故郷に残してきた恋人でもいて、思いやっているという説も有力です。

「峨眉山」は最初「蛾眉山」と書いており、蛾の触角のようにきれいなカーブを描く女性の眉、つまり女性の象徴です。だから「峨眉山」という地名からも、女性のことを歌っていることが感じられるわけです。

「峨眉山」「平羌」「清溪」「三峽」「渝州」と5つも固有名詞(地名)を織り込んでいるのがポイントです。

しかもこれは単なる地名ではなく、文字の持つイメージを大切にしています。たとえば「平羌」なら、まっ平らな水面が、「清溪」なら清らかな水の流れが浮かびますよね。また「眉」「平」「清」はすべて、「月」という言葉を導く縁語になっています。

しかも、それがわざとらしくなく、自然な風景の中に溶け込んでいる…見事な詩です。明の文章家、王世貞(おうせいてい)(1526-90)はこの詩を「太白の佳境なり」と絶賛しました。

経路としては【清渓】⇒【渝州】⇒【三峡】と進んだわけです。

峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡
【峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡】

このように、詩一遍ごとに原文・書き下し・現代語訳・語句解説・解説があり、必要に応じて地図を挿入していますので、内容理解がしやすく、イメージがつかみやすくなっています。

耳から聴くと同時に、目で見て、視覚と聴覚の両方で、内容が理解できるようになっています。

一括ダウンロードも可能

音声ファイルとテキストファイルを一括ダウンロードしていただくことも可能です(ただしパソコンのみ)。一括ダウンロードしてローカル環境で視聴すれば、通信費がかかりません。

pdfファイルもダウンロード可能

オンライン版のテキストをまとめたpdfファイルも、ダウンロードしていただけます。

pdfファイル閲覧時は、「しおり」機能を使うと便利です。画面左端の「しおり」マークを押すと、項目の一覧が表示されますので、自由に好きな項目に飛ぶことができます。

スキマ時間に、気軽に聴けます

全体では4.7時間のボリュームですが、一話一話は10分程度の話で完結していますので、気軽に聴くことができます。

アップデートに対応

インターネット上の専用サイトにアクセスしていただく形ですので、修正点があった場合は当方ですぐにアップデートできます。お客様には最新の正しい情報を、面倒な作業なしに得られるというメリットがあります。

特に歴史関係の話は、年々新しい説が生まれ、過去の説が塗り替えられていきます。現在の定説が必ずしも定説であり続けるとは限りません。できる限り最新の説に対応するよう、常にアップデートを繰り返していきます。

≫今すぐ申し込む

本製品は、

李白の代表的な詩33篇を、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えた音声とテキストデータです。

膨大な李白の詩の中でも、

●日本でも愛唱されて馴染み深いもの
●あまり難解でなく、背景説明の必要が無いもの
●言葉の抑揚が美しいもの

を中心に33篇を選びました。李白の名作といわれる詩は、ほぼ網羅しています。

李白の生涯をたどりながら適宜、詩の朗読と解説を挿入するという構成になっています。 李白の詩とともに李白の人物像が浮かび上がってくるような構成になっています。

製品は「オンライン版」です。専用サイトにアクセスしていただき、IDとパスワードを入力することにより閲覧が可能となります。

収録内容

戴天山の道士を訪うて遇はず
峨眉山月の歌
蜀道難(NEW)
秋荊門を下る
早発白帝城

↓↓↓サンプル音声「早発白帝城」↓↓

http://roudokus.com/mp3/sample-Rihaku05.mp3

春夜洛城に笛を聞く
内に贈る
黄鶴楼送孟浩然之広陵
孟浩然に贈る
客中行
静夜思
長干行(NEW)
将進酒
子夜呉歌
清平調子其一
清平調子其二
清平調子其三
晁卿衡を哭す
月下独酌
魯郡の東 石門にて杜二甫を送る
金陵城西樓月下吟
宣州謝チョウ樓餞別校書叔雲
独坐敬亭山
友人を送る

↓↓↓サンプル音声「友人を送る」↓↓

http://roudokus.com/mp3/sample-Rihaku24.mp3

山中問答
山中にて幽人と対酌す
酒を把りて月に問ふ(NEW)
望天門山
汪倫に贈る
望廬山瀑布
戦城南(NEW)
南流夜郎寄内(NEW)
春夜桃李園に宴するの序(NEW)

収録時間: 約3時間

日本語朗読・解説 左大臣光永

日本語朗読と解説は、私左大臣光永が担当しています。

左大臣プロジェクト運営委員会の代表として古典・歴史の語りを行っております。楽しく躍動感のある語りと好評をいただいております。2017年より平安京の歴史と文化を語るため、京都に移住しました。メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」は2010年より、1500回以上にわたって配信中。現在、京都と静岡で定期的に講演中です。

中国語朗読

中国語朗読は北京出身で現在、東京で中国語講師をされている王紀超さんに担当していただきました。

はじめまして王紀超と申します。
私は中国の北京から来て、日本で13年間中国語を教えています。日本が大好きで、仕事も好きです。趣味は本を読む事、音楽を聞く事と文章を書く事です。たまに生徒さんから中国語のブログを見たいといわれるので、自分のブログも作りました。中国語を勉強している皆さんの役に立てればと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

今回中国語の朗読部分、左大臣光永さんから依頼が有りまして、喜んで協力しました、本当に日本の方々に漢詩の素晴らしさを伝えたくて、気持ちを込めて精一杯練習して、録音しました。 

例えば、「月下独酌」と言う詩の朗読を録音するときに、李白当時の一人での考え、一人での楽しい気持ち、また一人での寂しい気持ちを感じるために、私もお酒を飲みながら、この詩の朗読を録音しました。他の朗読でも声をぶるぶる震えるところもあります、日本の方はこの部分を聴くと「遣りすぎじゃないの?」と思われるかもしれないですが、詩と言うものはやっぱり心で読まないと、味が薄くなるので・・・・・

よくある質問

スマートフォンで聴けますか?

聴けます。ただし、インターネットに接続する必要があります。パケット使用料が別途かかりますので、ご注意ください。

インターネットに接続したくない場合、音声ファイルのみをダウンロードして聴くことも可能です。

ただしデータをパソコンからスマートフォンに転送する必要があります。

データをパソコンからiPhoneに転送するには、以前はiTunesを使うことが多かったですが、iTunesはきわめて不安定でバグの多いソフトです。

2019年のappleの公式アナウンスで、iTunesはmacOS Catalina以降は搭載されないことが発表されました。

iPhoneにファイルを転送するにはiTunes以外のソフトを使うことをおすすめします。当方はiTunesは推奨しません。

iTunesのご利用は自己責任でお願いいたします。

androidでファイルを転送するのは単にスマホとパソコンをケーブルでつないでファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

iTunesの同期がうまくいきません

★Tunesはきわめて不安定でバグの多いアプリです★

iTunesのご利用は自己責任でお願いいたします。

過去何度か、「iTunesでmp3ファイルを同期できない」「iTunesで mp3ファイルを認識しない」という報告がとどいています。

2019年のappleの公式アナウンスで、iTunesはmacOS Catalina以降は搭載されないことが発表されました。

macOS Catalinaにアップデートすると、iTunesはもう使えなくます(windowsでは継続して使えます)。

本元のmacOSで使えなくなる=全世界的にiTunesはもう使わない方向に進んでいるということです。 できればiTunes以外の代替ソフトを検討することをおすすめします。

CDプレイヤーで聴けますか?

聴けません。再生にはスマートフォンもしくはパソコンが必要です。

カーステレオで聴けますか?

聴けません。再生にはスマートフォンもしくはパソコンが必要です。

時間はどれくらいですか?

約5時間です。

テキストはついていますか?

PDF形式のテキストファイルが付属しています。

本はついていますか?

本はついていません。

支払い方法は?

銀行振込、クレジット決済、コンビニ決済をご用意しています。あるいはメルマガに直接返信してください。

件名はそのままで、お名前とご住所を書いて直接返信してください。折り返し、お支払方法をお送りします。

何日くらいで手元に届きますか?

ダウンロード版はご注文いただいてから48時間以内に、専用サイトにアクセスするための「ユーザー名」「パスワード」を発行してメールでお送りします。

案内が届かない・ダウンロードできない場合、inform【アット】sirdaizine.comまでご連絡ください。DVD-ROM版はご入金確認してから商品到着まで2-3日かかります。

オンライン版とは?

本製品は「オンライン版」です。

ご注文いただいてから48時間以内に、「ユーザー名」「パスワード」を発行してメールでお送りします。

↓このようなメールが届きます↓

メールに記載されたログイン用urlから専用サイトにアクセスしていただき、そこで「ユーザー名」と「パスワード」を入力することにより、閲覧が可能になります。

ログイン画面はこんな感じです。
↓↓
↓↓

入力欄に「ユーザー名」と「パスワード」を入力することにより、ログインできます。

↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓

ご注文いただいてから48時間以内に、専用サイトにアクセスするための「ID」「パスワード」を発行してメールでお送りします。

メールに記載されたurlから専用サイトにアクセスしていただき、そこで「ID」と「パスワード」を入力することにより、閲覧が可能になります。パソコンがなくても、スマートフォンのみで視聴できます。データを一括ダウンロードしていただくこともできます(パソコンのみ)

スマートフォンで閲覧する場合、通信料金がかかりますので、wifi環境でのご利用をおすすめします。

≫李白 詩と生涯」オンライン版(3000円)

※サーバー負荷の関係で、販売するID数を制限しています。予告なく販売終了しますので、お申込みは お早めにどうぞ。

本日も左大臣光永がお話しました。ありがとうございます。

特定商取引法上の表記